利用規約

熱海パールスターホテルでは、お客様に安全かつ快適にご利用いただくため、宿泊約款第10条に基づき次の通り利用規約を定めておりますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。この規約をお守りいただけない時は、やむを得ずご宿泊ならびにホテル内諸施設のご利用をお断り申し上げ、かつ当ホテルが被った損害の負担をいただく事もございますので、特にご留意くださいますようお願い申し上げます。

  1. 客室ご利用について
    1. 客室よりの避難経路図は、客室内ディレクトリにございますのでご確認ください。
    2. ご滞在中や特にご就寝の際には、必ず内鍵とドアガードをおかけください。
    3. 当ホテル施設内は全て禁煙となります。客室内、およびテラスでの電子タバコを含む喫煙、室内への吸い殻等のお持ち込みもお断りいたします。お守りいただけない場合は、宿泊料金相当の違約金、およびホテルに生じた損害相当額を請求させていただきます。喫煙は当ホテルが定める喫煙所をご利用ください。
    4. 客室内および廊下ではホテルの許可なく暖房用、炊事用等の火気、キャンドル等をご使用なさらないでください。また、客室内での調理は固くお断りいたします。(炊事用設備のある部屋は除く)
    5. そのほか火災の原因となる行為をなさらないでください。
    6. ホテルの許可なく客室を営業行為(展示会・その他)等ご宿泊以外の目的にご使用なさらないでください。
    7. ホテルの許可なく客室内の備品を移動し、また客室内に造作を施し、あるいは改造する等現状を著しく変更なさらないでください。万一備品の紛失、破損等があった際にはその実費を弁償いただくことがあります。客室内の小物、備品は客室外に持ち出さないでください。
    8. ホテルの外観を損なうようなものをテラスに置かないでください。
    9. 夜間のご訪問客とのご面会はロビーでお願い致します。
    10. 宿泊登録者以外のご宿泊は固くお断りいたします。
    11. 未成年者のみのご宿泊は、保護者の同意書がない限りお断りいたします。
    12. 館内の全施設におきまして、ワンポイントファッションタトゥーを含むすべての入れ墨の露出はご遠慮願います。ロビー内、レストラン等のパブリックスペースでは上着等を、またインフィニティバスやフィットネスを利用の際は露出のご配慮をお願いいたします。
  2. お部屋のカードキーについて
    1. ご滞在中お部屋からお出かけの際は、客室のカードキーを必ずお持ちになり施錠をご確認ください。(当ホテルは自動施錠になっております)
    2. ホテル内のレストラン、バー等をご署名によって利用なさる場合はカードキーをご提示ください。
    3. カードキーは、当ホテル出発の時必ずフロントへご返却ください。
  3. お支払い等について
    1. お会計はご出発の際に1Fフロントにてお願いいたします。なお、ご滞在中でも都合により会計をお願いする場合があります。なお、当ホテルが請求してもお支払いがない場合は、お部屋を明け渡してただく場合があります。
    2. ご利用代金のお支払いは、現金またはクレジットカード等、及び当ホテルが認めたものとさせていただきます。手形、小切手はお断りいたします。
    3. ご到着時にクレジットカードの確認をさせていただくか、お預り金を申し受けることがございますので、あらかじめご了承ください。
    4. ご宿泊者以外の方から料金のお支払いを受ける場合は、定められた期日までのお支払いがなければ、ご宿泊者ご本人に直接お支払いをご請求申しあげます。
    5. お買い物代、切符代、タクシー代、郵便切手代、荷物送料等のお立て替えはお断りさせていただきます。
    6. 客室内のお電話にて外線電話をご利用の際は、施設使用料が加算されますのでご了承ください。
    7. 税金の他、サービス料として10%を加算させていただいておりますので、お心付け等はご辞退申しあげます。
    8. 小切手によるお支払いおよび両替はお断り致します。
  4. 貴重品、お預かり品について
    1. ご滞在中の現金、有価証券、その他貴重品の保管については、客室に備え付けのセーフティーボックスをご利用ください。ご利用なさらないで万一紛失、盗難等が発生した場合には当ホテルではその責任を負わない場合がございます。なお、美術品、骨董品の品物はお預かりいたしません。
    2. ご滞在の有無にかかわらず、フロントで現金、貴重品、有価証券、腐敗あるいは破損しやすいものなどの紛失、盗難等が発生した場合、あるいは変質が生じた場合には当ホテルではその責任を負わない場合がございます。
    3. 当ホテルがお客様よりお預かりした物品の引き渡しについては、引換証をお持ちいただいた方のみにお渡しいたします。引換証を紛失、盗難等の原因の如何を問わずお失くしになった結果生じた損害につきましては、責任を負いません。また、引き渡し後の物品の紛失等については責任を負いません。
    4. ホテル内での遺失物の処理は一定期間当ホテルが保管し、その後は遺失物法に基づいてお取り扱いさせていただきます。
    5. お預かり物の保管期間は、特にご指定のない限り下記の通りとさせていただきます。保管期間を経過したお預かり物はお引取りの意思がないものとして処理いたします。
    6. ※現金、貴金属(貴重品)は1ヵ月保管します。
      ※所有者の判明できるもの以外はプライバシー保護の観点よりホテルからのご連絡を控えさせていただいております。
      ※郵便物及び宅急便事情により遅れた場合の責任は一切負いかねます。また、発送料はお客様の負担とさせていただきます。
      遺失物の保管期間は3か月。(一部6か月、但し遺失物法に基づきます。)
      その後はお客様ご自身で熱海警察署迄お問い合わせください。

    7. 廃棄する物の基準
      • ごみ箱など廃棄物として取り扱うことを前提とした容器に投入された物
      • 生鮮食料品
      • 消費期限表示のある飲食物(おにぎり、サンドイッチ、弁当、牛乳等)
      • 開封済みの食べ物(個包装された個包装に賞味期限の表示のあるものを除く)
      • 開封済みの飲み物(栓がされた飲みかけの飲料(ワイン・ウイスキー等)を除く)
      • その他テーブル上に散乱しているような食べかけの飲食物やその包装紙など
  5. ホテル内ではほかのお客様の迷惑になる下記のものの持ち込み、または行為はご遠慮ください。
    1. 動物、鳥等のペット。(補助犬は除く)
    2. 火薬、揮発油、その他発火、又は引火性の物。
    3. 悪臭を発する物。
    4. 法により所持を禁じられている鉄砲、刀剣、覚醒剤、の類。
    5. 賭博や風紀を乱すような行為、又は他のお客様の迷惑になるような言動。
    6. ナイトウェア、バスローブ、スリッパ等で客室外に出る事。
    7. 備付品の移動または使用目的以外のご利用。
    8. ホテル外から飲食物の出前をおとりになること。
    9. ベランダから物品などをお投げになること。
    10. 広告宣伝物の配布、品物の販売、勧誘等。
    11. ホテルの許可なくホテル内で写真撮影をする事、およびホテル内で撮影した写真を営業上の目的で使用する事。
    12. 携帯電話のご利用について、適切でない場所での会話や大声での通話など、他のお客様に嫌悪感、迷惑を及ぼす行為。
    13. 緊急事態、あるいはやむを得ない事情を除き、非常階段、機械室などお客様用以外の施設に立ち入る事。
  6. 不可抗力以外の事由により建造物、備品、その他の物品を損傷、汚染又は紛失させた場合には相当額を弁償していただくことがあります。
  7. 駐車場のご利用について
    1. 駐車場構内では、スタッフの誘導および指示に従っていただきます。
    2. 駐車中の車内に貴重品およびその他の品物を留置しないでください。駐車場における紛失、盗難等についてはその責任を負いかねます。
    3. ホテルのスタッフが指定した駐車スペース以外に駐車された車は、レッカーにて移動させていただく場合がございます。
    4. ホテルのスタッフによる車の代行移動(バレーサービス)はお断りいたします。
    5. ご宿泊に伴う駐車場のご利用は、チェックイン日の14:00からチェックアウト日の13:00となります。時間外のご利用につきましては、別途ご料金が発生いたします。あらかじめご了承ください。
  8. 暴力団および暴力団員並びに公共の秩序に反するおそれのある場合について
    1. 「暴力団員による不等な行為の防止等に関する法律」(平成4年3月1日施行)による指定暴力団および指定暴力団員等の当ホテルのご利用はご遠慮いただきます。(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断り致します。)
    2. 反社会団体及び反社会団体員(暴力団および過激行動団体など並びにその構成員)の当ホテル利用はご遠慮いただきます。(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点で利用をお断りいたします。)
    3. 暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求およびこれに類する行為が認められる場合、直ちに当ホテルの利用はご遠慮いただきます。又、かつて、同様な行為をされた方についてもご遠慮いただきます。
    4. 当ホテルを利用する方が心身耗弱、薬品、飲酒による自己喪失など、ご自身の安全確保が困難であり、ほかのお客様に危険や恐怖、不安感を及ぼす恐れがあると認められるときは、直ちにご利用をお断りいたします。
    5. 館内及び客室内で大声、放歌及び喧騒な行為その他で他者に嫌悪感を与えたり、迷惑を及ぼしたり、又、賭博や公序良俗に反する行為のあった場合には、直ちにご利用をお断りいたします。その他上記各事項に類する行為のあるときは、ご利用をお断りいたします。
    6. 客室内を除き、館内各所に防犯カメラを設置しておりますので、あらかじめご了承ください。

  9. 規則の変更について
    1. この規則は、民法上の定型約款に該当し、この規則の各条項は、お客様の一般利益に適合する場合または変更を必要とする相当の事由があるとみとめられる場合には、民法の規定に基づいて変更します。
    2. この規則の変更は、変更後の規定の内容を、当社所定のウェブサイトに掲載し、掲載の際に定める効力発生日から適用されます。なお、本規則を変更する場合には、変更内容等を記載した書面を客室内に備え置きます。

2022年9月6日制定